Categoriesその他 ニュース 日常生活

セックスにまつわる3つの真実

外国 人 巨乳 セックス

性交の経験があっても、セックスについて話すのは恥ずかしいという人は多いでしょう。 そして、ほとんどの人が知らないであろう、セックスに関する3つの真実があります。
真実1:障がい者も同じ性欲を持つ
下半身不随の人には性的欲求がないという固定観念があります。 これまで多くの人が、「四肢麻痺の人に知覚があるわけがない」と思っていました。 しかし、障がい者のセックスとなると、深刻でデリケートなテーマです。
そして2012年には、アメリカの詩人でジャーナリストのマーク・オブライエンを主人公に、ハリウッド史上初めて障害者のセクシュアリティの問題を扱った『インティメート・トリートメント』という映画が公開されたのです。 首から上しか動かせない下半身不随の彼は、38歳のときに初めて性的体験をし、そのことを『サン』誌に「性的治癒の体験」として発表し、その後自伝『私はいかにして人間になったか-障害者の自立の模索』を出版、その中でその体験が人生に与えた意味にも触れている。 私たちは普段、障がい者に対して、まるで苦しむために生まれてきたかのように、そしてとても哀れな存在であるかのように向き合っています。 私たちが彼らを認めるのも、この思いやりに基づいているのです。 健常者、一般人、障がい者を問わず、誰もが性を追求する権利を持っています。 この世界には何千もの例外があり、障害はその一つに過ぎない。 私たちの内なる人間性と欲望は同じであり、外側の体はただの臭い皮に過ぎないのだ。

真実2:性的に割り切ることを学ぶ女性が増えている
性具を使ってオナニーする女性が増えていますが、それは主に20代から30代にかけての女性です。 単純な性交では満足できなくなりつつあり、女性も自分の体や性に対してオープンになってきています。 私たちの生活の中で、女性は一般的に男性ほどセックスへの欲求や願望をオープンにしていません。また、女性は一般的に自分の身体的欲求について話すことを恥ずかしがり、いつもより秘密主義で、恥ずかしくて汚いことだと感じて、少しタブー視さえしています。 しかし、今は女性の目覚めの時代です。性的権利は男性だけのものではなく、女性は大胆に自分の気持ちを言い、自分の体を理解し、欲望を探求することができます。
真実3:中高年のための新しいスイーツ道
中高年のセックスというと、若い人のようなエネルギーや興奮がなく、性行為もただこなすだけの単調なものと、私たちにはステレオタイプに受け止められているかもしれません。 そして中高年は生活や仕事に追われ、セックスと向き合う気力もないのです。 しかし、性に開放的なこの時代、彼らも解放され、中高年はより良いストレス解消法を求めて、性具を買いに行くようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Drag To Verify