Categoriesニュース

ベッドの中のセックスロボット(下)

ラブドール 人造 人

セックスがバーチャル化されたとき、愛の本質や人間の価値観の限界はどこにあるのだろうか。


SF映画におけるセックスは、しばしば現実の人工知能の発達と比較される。『進撃の巨人』の操られる娯楽ロボットは、人間の意識に移植される前はただの性奴隷やダッチワイフだった。次に『雲の恋人』のAIは男性主人公にプラトニックな恋をし、『人工意識』(エクスマキナ)のセックスロボットは女性に復讐して、人間を操りに回るころ、人工知能は恐ろしい未来に近付いているのである。人工知能の普及の未来は、恐ろしいほど近づいている。
AIロボットは市場を奪い合うだけでなく、ダッチワイフなどエロティックな商品のために、よりクリエイティブなアイデアを誘発する。男性が身体的欲望を満たすために女性を必要としないのであれば、最新のバーチャル技術を組み合わせて、DIYの擬人化レベルをさらに拡大・発展させることは可能だろうか。
日本のメーカーTengaは昨年、大人のおもちゃを発売しました。最新のヘッドマウントディスプレイとTengaが独自に開発した全身センサースーツを組み合わせ、ユーザーがVRヘッドセットを装着すると、AVシーンのように、次に映画のアクション姿勢で、センサースーツの刺激点をトリガーし、センサースーツを着た消費者が「触られている感覚」を作り出すようにしたのです。付属のメカニカルデバイスを使用し、様々な性的行為を疑似体験することができます。
頭に直接触れる
バーチャルセックスのコンセプトは、極端な話、脳神経レベルまで深く、直接、視覚、聴覚、触覚など五感を飛ばして、神経細胞を刺激することで、同等のセックスの快感を得るために伝えることもできる。従来の神経刺激技術は、電極を体内に挿入し、微弱な電流を流して特定部位の反応を刺激するものでした。近年は、この粗雑な方法から脱却し、ウイルスを埋め込み、神経細胞がブルーライトに反応するタンパク質を分泌し、皮膚がブルーライトの照射を感知すれば、愛撫されているような感覚を生み出す技術に進化しているのです。エログッズメーカーは、この技術を利用して青色LED誘導スーツを作り、ユーザーが着用し、携帯電話のプログラムをインストールすると、Bluetooth信号を通じて様々な擬人化されたセックスを開始することができます。
また、リアルなセックスにこだわらず、「結果」よりも「過程」を重視する一部の人にとって、リモートセックスは常に物議を醸すが、排除すべき選択肢ではない。かつてのいわゆる「エロゲー携帯」は、官能性の欠如を想像力で補っていたが、最近では「結婚」「睡眠」をテーマにしたオンラインゲームだけでなく、多くのエロゲー実況者の「イチャイチャ」スキルも、人によっては実際の肉体的満足よりも上かもしれない。
倫理的な論争
以上のバーチャルセックスの範囲に関する議論から、セックスのバーチャル化は技術が引き金になったとは言えないが、技術がより多くの可能性を実現し、生み出したことは間違いないだろう。一方、人工知能の登場は、パンドラの箱を開けてしまった。
“セックスロボット “を購入した人は、人間のコミュニケーションから引き下がり、代わりにロボットに感情移入するようになる。こうした人々がすでに社会の片隅にいて、心理的な問題を抱えているとしたら、必要なのはセラピーであって、セックスロボットではない」と、イギリスのドモントフォート大学でロボット倫理学を教えるキャスリーン・リチャードソン教授は主張する。”人間の共感性が希薄になり、女性の身体が商品化されるという問題は、セックスロボットの出現によって悪化するでしょう。”
また、セックスロボットは人間のパートナーがやりたくないこと、できないことをすることができ、「ポルノが一部の少年の性癖を歪めているという研究があるように、次世代の男性に女性をこのように扱っていいと思わせる」とリチャードソン教授は分析する。
AIロボットが心身の渇きを癒すことで、未亡人や寡婦を助けることができると考える人もいるが、ロシアの性科学者レフ・シェグロフ氏は警告している。”ジャンクフードを食べて一時的に空腹を癒すことはできますが、時間が経てば必ず何かが狂ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です