ラブドール 匂いCategoriesその他

VRリアリティ+スマートセックスドールは独身男性にメリットあり

まずは、VRとARという言葉を簡単に理解することから始めましょう。
仮想現実(バーチャルリアリティ、略称VR)は、また、仮想環境として知られている仮想技術と呼ばれ、仮想世界の三次元空間を生成するためにコンピュータシミュレーションの使用は、視覚と他の感覚のシミュレーションについてユーザを提供し、彼らは現実の世界にあるかのようにユーザーが感じることが、タイムリーにすることができます、三次元空間の物事の観察に制限はありません。ユーザーが位置を移動すると、コンピュータはすぐに複雑な計算を行うことができ、正確な三次元世界のビデオは、プレゼンスの感覚を生成するために戻ってきた。この技術は、コンピュータグラフィックス、コンピュータシミュレーション、人工知能、センシング、ディスプレイ、ネットワーク並列処理技術の最新の開発を統合し、コンピュータ技術の支援によって生成されたハイテクシミュレーションシステムです。

ラブドール 初めて


AR(Augmented Reality)とは、VR仮想現実とも呼ばれ、カメラ映像の位置や角度、画像解析技術により、画面上の仮想世界を現実世界の風景と合成し、相互作用させる技術。この技術は1990年に提案された。携帯型電子製品の演算能力の向上に伴い、拡張現実感の利用が広まりました。
周知のように、現在のVR仮想現実技術は比較的革命的なブレークスルーを遂げており、過去2017年はVR元年とも呼ばれた。主要なインターネット技術企業は、基本的に対応するVR製品を発売しています。これは様々なタイプに分けられ、PCベースのVR、オールインワンVR、モバイルヘッドセット(モバイルVRとも呼ばれる)。
現在、外国機関は大人のVR +現実世界+物理機器の組み合わせを開発している、平たく言えば、ヘッドセットを着用することです、あなたはシーンの3Dスタイルと一致する独自の環境を見て、遠くないAI知能セックス人形から、常にあなたに頭を掻いています。視覚に加えて、最もリアルな触覚の経験を得ることができます。セックス人形は、成長モジュールを学習することで、簡単な人間とコンピュータのコミュニケーションになることができます、それはますますあなたを理解し、あなたのニーズを満たすでしょう。
最も熱く議論された発明は、インテリジェントなセックスドールでもあります。2017年5月にRealbotix社が発売した「Harmony」(ハーモニー)と名付けられた最初のインテリジェントセックスドール。公式の胸躍る動画で、ハーモニーは長い脚、張りのある胸、豊かな唇、生き生きとした仕草、そして知性までも披露しています。
開発者の本来の意図は、バーチャルリアリティデバイスを機能させ、実物そっくりのシーンと組み合わせることで、ユーザーを「没入」させ、リアルとフェイクを感じられるようにすることでした。そうすることで、観客ではなく、参加者のように感じられるに違いない。VRリアリティ+インテリジェント・セックス・ドールは、単犬の福祉?
ここで、VRとARという言葉を簡単に理解しておこう。
仮想現実(バーチャルリアリティ、略称VR)は、仮想環境としても知られている仮想技術と呼ばれ、仮想世界の3次元空間を生成するためにコンピュータシミュレーションの使用は、視覚と他の感覚のシミュレーションについてユーザーに提供するために、ユーザーが現実の世界にいるかのように感じるように、タイムリーなことができる、3次元空間の物事の観察に制限を受けないことです。ユーザーが位置を移動すると、コンピュータはすぐに複雑な計算を行うことができ、正確な三次元世界のビデオは、プレゼンスの感覚を生成するために戻ってきた。この技術は、コンピュータグラフィックス、コンピュータシミュレーション、人工知能、センシング、ディスプレイ、ネットワーク並列処理技術の最新の開発を統合し、コンピュータ技術の支援によって生成されたハイテクシミュレーションシステムです。
AR(Augmented Reality)とは、VR仮想現実とも呼ばれ、カメラ映像の位置や角度、画像解析技術により、画面上の仮想世界を現実世界の風景と合成し、相互作用させる技術。この技術は1990年に提案された。携帯型電子製品の演算能力の向上に伴い、拡張現実感の利用が広まりました。
周知のように、現在のVR仮想現実技術は比較的革命的なブレークスルーを遂げており、過去2017年はVR元年とも呼ばれた。主要なインターネット技術企業は、基本的に対応するVR製品を発売しています。これは様々なタイプに分けられ、PCベースのVR、オールインワンVR、モバイルヘッドセット(モバイルVRとも呼ばれる)。
現在、外国機関は大人のVR +現実世界+物理機器の組み合わせを開発している、平たく言えば、ヘッドセットを着用することです、あなたはシーンの3Dスタイルと一致する独自の環境を見て、遠くないAI知能セックス人形から、常にあなたに頭を掻いています。視覚に加えて、最もリアルな触覚の経験を得ることができます。セックス・ドールは、シンプルなヒューマン・コムにすることができます。

ラブドール 処女Categoriesその他

セックスの時間を行使するためのセックス人形は、実現可能ですか?

男性は、異性とのセックスで、時間が比較的短い場合、自分の性交時間は非常に懸念している、つまり、共通の問題を持って、その後だけでなく、お互いに満足して感じることができないだろう、と自分の自尊心はまた、大きな打撃を受けることになります。このため、心理の男性の友人の多くは、影を持っていても、あまりにも近い女性と対話することを恐れて、または物理的な接触は、実際には、このような負担を持つ必要はありません、ちょうど通常より行使する必要がある、例えば、我々は戻ってセックス人形を購入し、自分の性交時間を行使することができます。

ラブドール 処分 方法


  この方法はまだ非常に効果的である知っているために、結局のところ、多くの人々が個人的に試してみました、これまでのところ、セックス人形は、彼らが本当の人で構築されているため、最も適したターゲットです、体は少し小柄ですが、その皮膚のタッチは、人体の構造は言うまでもありません、実際の人に触れるようなものです。ですから、もし男性がこの点で自分に自信がないのであれば、絶対に一般的な人形でもっと練習することができ、したがって自分のスキルを豊かにすることができます。
  セックス人形は結局のところ話さないので、男性の友人は心配する必要はありません、彼は彼らが聞きたくない言葉を言うでしょう、たとえプレイが優れていなくても、その後、相手の冷たい目を心配する必要はなく、あなたの自尊心を傷つけません。そして、これらの人形は、彼らが通常適切に維持されている限り、彼らは長い時間を持っていても、彼らは自分の体が被るだろうどのような隠された危険を心配する必要はありませんので、結局、自分自身のために排他的に、非常に健康的で衛生的である。そんな相棒がそばにいることは、自分を強くするだけでなく、時間をつぶし、心の空虚を満たしてくれる。

ラブドール 全身 タイツCategoriesその他

ラブドールは携帯電話の顔認証ができる?

技術の発展に伴い、顔認識機能もより広く使用されています。顔認証は、携帯電話でも適用されます。携帯電話のロックを解除したり、オンライン決済などの機能が徐々に向上しています。

ネットで公開された短い動画によると、このラブドール、身長168、体重60kgで、素晴らしい体型をしており、動画の中でこのラブドールの所有者は、携帯電話で認識できるかどうかをテストするためにラブドールを使用しているそうです。かなり苦労したようだが、最終的にラブドールの顔認証を有効にして設定を保存させ、顔でロックを解除することにも成功しており、ラブドールは非常に精巧に作られており、実際の顔の差はあまりないようだ。
しかし、テストの目的を達成するために、ビデオ内の男性の主人公はまた、最初にセックス人形のかつらを削除するには、投げに十分であり、その後、このテストに順序で、電話の認識に適応するために有効にするにはセックス人形の頭を抑えることは困難であり、また戦いと見なされます。
この点で、ネチズンも非常に悲嘆に暮れているこのための人形は、次のコメントを発行しました。
申し訳ありません – 氏:人形の頭蓋が壊れてスナップするつもりです。
腹ペコ姉さん:心中人形の後頭部は、あなたによってピットから抉り出されそうになっています。
ルル:人形は、あなたが周りのねじれた頭を押さえてきたと言わないように髪を剥奪されるように貧しいです。

ラブドール 仙人Categoriesその他

この問題で人形の模倣で人間は、停止していないと言うことができる…

以前、我々は本物のバービー整形手術の方向にハード、海外のいくつかの女の子について書かれているが、今日のこの問題の本当の人形の作成で、これの導入は、別の方法であると言うことができる……
この女の子は日本からの女の子で、彼女の名前はルルです、そして日本人はBJD人形、ほとんど同じ……をヒットさせる。
BJD人形は、ボールジョイント式の人形で、欧米で生まれ、その後、日本や韓国などアジア各国で普及した。


BJDドールは非常に繊細な特徴を持っており、体の関節は球状であるため、より柔軟に動くことができます。バービー人形とは異なり、これらの球状関節人形はより二次的な体の割合を持っており、一般的に大きな頭を持っています……。
1998年にボークスという日本の会社がSDドールという球体関節人形を発売したため、この種のセックスドールはたちまち世界中で人気を博した。
しかし、世界中のコスプレイヤーは、ルルのように、本物の人形を歩かせることはできないので、ルルの復元度は、100%と言えます。
Luluは多くのコスプレ展示会やイベントに参加していますが、基本的に誰もがこのレベルのコスプレができることに驚きます・・・すごいとしか言いようがありません・・・・・。
この表情、このメイクを感じてください……。
これが本物の人間だと言わなければ、写真を見て人形だと言えば、誰も疑わないでしょう!
でも、本当に本物の人間なんですよ、動くのは……みんな、目に……。
本物のファンとは、突然次元を超えたような感覚になります・・・・・・。
動くと、まるでアニメを見ているような……リアルな感覚は、ちょっと信じられない……。
Luluの登場は、コスサークルやインターネット上で活発な議論を巻き起こし、誰もが「このレベルのコスは喚起ではなく、まさに神だ!」と感じているようです。
東京からやってきたこの神コスプレイヤーを、多くの雑誌やテレビが「実物はどんな感じなのか」「どうやったらこんな似顔絵ができるのか!」と報道している。
普段のルルを街中で撮影した小さな動画は、東京原宿の雑踏の中を歩いていると、かなりの高還元率といえる・・・・・・。
通行人は皆、幽霊を見たような顔をしている・・・・・・。
多くの人が立ち止まって見ているのですが、ルルは見るのが恥ずかしくて、恥ずかしそうにそっぽを向いています………。
実は、この事件自体もかなり異様なものなのだ・・・。ルル自体が実は仮面なので、この仮面さえあれば、カツラをかぶって、メイド服を着て、あなたも神コスプレイヤーになれるのです……。
このマスクの作者は、ファッションデザイナーの小牧仁美さん、23歳、東京都出身、子供の頃から大の人形好き。
たくさんのドールを集め、BJDドールも自分で作るのが好きで、ドール収集歴は9年になるそうです。
コスプレ文化にも興味があるひとみさんですが、本物のドール用のルルマスクを作ろうと思ったのは、「ぬこぱん」というチームから着想を得ました。
このクリエイティブチームは、等身大のドールヘッドの造形物や模型を数多く制作しており、その作品を見て、ひとみさんはルルマスクを作るインスピレーションを得たそうです。
そして、「ぬこぱん」チームに「一緒にやりたい」と手紙を出し、自分のアイデアを説明したところ、すぐに意気投合し、見事な「ルルマスク」が完成したのです……。
ルルのマスクだけでなく、体の関節もすべてBJDドールと同じボール状の機構で作られており、すべて上野耕というデザイナーが手がけたものです。
このリアルな関節の陰影をストッキングの素材にスプレーで描き、コスプレイヤーがこのストッキングと手袋を着用すると、あたかも球体の関節があるかのように見えるのです。
このリアルドールの再現度は基本的に100%に達するのだが……。
街で見かけたら、美しいと思うか、不気味だと思うか……。

CategoriesUncategorized その他 ニュース

ラブドールのもたらす効果と購入先について

Q: ラブドールとはどのようなものですか?
A: ラブドールとは、非常にリアルな性具であり、その大きな役割は性的サービスを提供できることです。 以前はインフレータブルドールの映画や報道が多かったのですが、技術の革新と素材の進化により、現在はシリコンドールというものがあります。 人は、視覚や触覚の刺激、心理的な満足感など、より多くの性的ファンタジーを必要とし、模擬人間玩具のニーズが生じることがあるのです。 ラブドールは人間の形をしたもので、実は性具の派生品なんです。
Q:ラブドールとして見るのは一方的なのでしょうか?
A:ユーザーにとっては、「ラブドール」を持っていると、変態であるかのような汚名がつきまといます。 ユーザーはセックスどころか、一緒に食事をしたり、抱き合ったりすることもあるので、「ラブドール」と呼ぶのは汚い言葉のような気もします。 むしろ、これは狭すぎる定義と理解であり、セックスの定義を引き伸ばす必要があると私は考えています。
Q:ラブドールと他の性具を持つことの違いは何ですか?
A:ユーザーは性的満足に対するニーズと要求が高くなり、自分が何を望んでいるかをよく知り、自分の欲望をより大切にするようになります。
Q: セックス・ドールを所有することは、単に交際や親密さの必要性からでしょうか?
A: ラブドールは現実の生活の代用品、充足感、実は恋愛の心理とよく似ていますが、より人を所有しコントロールする方向にあります。 現実の生活に不満があったり、より現実的な人間関係を築くことが難しかったり、現実では満たされない心理的欲求の部分があり、その部分を仮想世界で満たしているのだろう。
また、ラブドールの特徴として、所有者がドールをコントロールすることで、ドールが翻弄され、抵抗できなくなるという、SM(サドマゾヒスティック)的なエピソードがあります。 本当の相手には欲望を表現できないから、人形で満足感を得るという人もいるでしょう。
もちろん、最近のラブドール市場はかなり混乱しており、多くの怪しげな店が偽物を販売したり、ラブドールの値段でインフレータブルドールを販売したりしています。 多くのユーザーが詐欺に引っかかる。 しかし、この業界に関するある程度の知識があれば、本物と偽物のラブドールを見分けるのは簡単です。 しかし、多くのユーザーは普段から忙しく、理解する時間がなく、理解しようともしない。 そこで、詐欺に遭わないための参考として、良質のオンラインショップをいくつか用意しました。 これらのサイトのラブドールの品質は素晴らしく、リアルで、コンパクトなヴァギナは、一度体験した人にしかわからない素晴らしい経験です。

doruwaifu
老人 と ラブドールCategoriesその他

ラブドールとは

それはセックス人形に来るとき、言及されるべきである最初のものは、インフレータブル人形でなければなりません、インフレータブル人形の発明は、兵士の性的ニーズの問題を解決するために第二次世界大戦中にドイツで発明されたオナホールです、インフレータブル人形は役割を果たすためにそれらを待っていない、ドイツは第二次世界大戦の終わり、敗れた。
本当にそれが動作するように米国であり、我々は以前のアメリカのドラマで多かれ少なかれ、インフレータブル人形の影響の先入観のために、インフレータブル人形の姿を見つけることができ、多くの人々が今セックス人形のこのシミュレーションがインフレータブル人形と呼ばれて見ている結果。


セックス人形の起源といえば、その後、日本を考える必要があり、日本はむしろ成人向け製品よりも、手土産として最初にシリコン人形から生まれた、中国に渡され、成人向け製品にますますセックス人形のプロパティは、徐々にセックス人形の世帯名、ハイエンド性のおもちゃとなる。
だから、ラブドールとは何ですか?
セックス人形はTPE材料またはシリコーン材料で作られた人間のバイオニックマネキンの1:1比率シミュレーションで、非常に人間の皮膚をシミュレートし、柔らかく滑らかで、弾力性のある感じです。内部合金シミュレータのスケルトンは、大人の製品としてだけでなく、自分自身を同行するハンドバッグとして、さまざまなポーズを取ることができます。
シリコーン材料、TPE材料:現在、市場で主にセックス人形の2つの材料に分かれています。
これらの2つの材料に基づいて3つの材料に分けられます:すべてのシリコーンラブドール、すべてのTPEラブドール、シリコーンヘッドプラスTPEボディラブドール。
以下は、市場価格とこれらの3つの材料の長所と短所です。
すべてのシリコーンの性の人形: 現実の性能の細部は、TPE 材料堅い、高温および強い酸およびアルカリの抵抗に、比較的高い原料によるワックスに加えてすべてのシミュレーションの人形の中の実質の性の人形に最も近いです、ありました 加硫する生産および処理の必要性、そう費用は高いです、現在の市場価格は約 20万 一般にです。
すべてのTPEラブドール:パフォーマンスの詳細は、シリコーンほどリアルではありませんが、感触は200度以上の高温に耐性がない本物の人々の皮膚に近いシリコーンよりも柔らかく、同様に強い酸とアルカリ、原料が比較的安価であるため、処理のみホットメルト処理を必要とするので、コストが比較的低く、約8万円の現在の市場価格です。
シリコーン頭部プラス TPE ボディ性の人形: 実質のシリコーンのヘッド パフォーマンスにまた TPE ボディが柔らかく、滑らか、約12万円の現在の市場価格あるだけ持ってはいけない。
TPEの頭部は移植可能ではないが、シリコーンの頭部だけが移植可能であることは言及する価値がある。

動く ラブドールCategoriesその他

ダッチワイフの制作方法

南カリフォルニアの工業団地にある、とても地味な一軒家に、世界で最も高価で人気のあるダッチワイフを組み立て、生産することを仕事とする小さなチームがある。
アビス(アビス・クリエーションズ)という工場は、「等身大ドール」と呼ばれるダッチワイフを開発した。シリコン素材を使用し、等身大で、手足は様々な形状で任意にポーズをとることができ、頭は交換可能、下半身はリアルなプッシーがあり、値段は6500ドルからである。メーカーは、彼らが最初の有名人のユーザーは、米国の有名なトークショーのホストハワード-スターン(ハワード-スターン)の賞賛を得るために1996年に、ほとんど広告の入力を持っていると言うが、彼らの広報は、唯一の口のユーザーの言葉によって、後でも促進するために定期的な報道に依存しています。


写真家ロバート-ベンソンは、昨年工場を発掘した。日本を訪れた際、すでに撮影するダッチワイフメーカーを探し始めていたが、なんとサンディエゴの自宅からわずか数キロのところに、最も有名なメーカーの一つがあった。
昨年4月の撮影で、ベンソンはモデルから最終的なメイクアップまで個々のダッチワイフを撮影し、年間300から400体のドールを生産するチームと面会しました。”彼らはそれぞれ自分の仕事に情熱を持っていて、とても真剣に取り組んでいます。”とベンソンは言います。”しかし、この種の仕事をする興奮は、通常、開始後1週間もすると消えてしまい、他の仕事と同じように新鮮さを失うと思います。”私は、このような仕事をすることに決めました。
シリコン型の製作から始まり、ダッチワイフ1体の製作には約80時間かかる。爪や乳首の形や色を整えた後、髪のパーツを作り、メイクアップアーティストがお客さんの要望に応じて顔のメイクを完成させる。その後、ドールに着せ替えをして箱詰めし、世界中に出荷します。標準的なリアルドールには、女性型18体、男性型2体、肌色5種類、顔のメイクアップ39種類があり、トランスジェンダーの方の胴体も含まれています。
ダッチワイフ用乳首のカラーコード
一般的な注文は12,000ドルからで、具体的な価格は顧客の想像力と予算に応じて決められ、青い肌、緑の鱗、牙、エルフの耳など、あらゆるものが用意されます。メーカーによると、顧客からのカスタムリクエストで最も多いのは映画やテレビのスターを模倣することだが、スターの肖像権を取得できないため、スターの顔人形の製作を真似ることはできないが、顔、体、髪型、化粧など、同様の効果を出すことは可能だとのこと。また、顧客の要望で多かったのは、男性器を持った女性ドールだった。
アビスの創業者でプロのアーティスト・彫刻家であるマシュー・マクミューレン氏は、ハロウィンのマスク製作の仕事をしながら、1996年に初めて等身大のマネキンを製作しました。その画像をネット上に公開したところ、次々と人形製作の依頼があり、シミュレーションが可能で使用可能なプラスチック製のマネキンには大きな市場があることを実感したそうです。
技術の進歩に伴い、人形の製造工程はどんどん改善されていった。本物の人形の重量は、当初の75〜115ポンドから60〜80ポンドに落ち、顧客の嗜好の変化に応じて人形の種類も増えてきている。McMullen氏は、”何千種類もの形の人形をデザインし、生産することができ、常に次の人形が存在する “と語っている。

ラブドール 闇Categoriesその他

エロティックグッズは高級品

情熱は男女関係の起爆剤であり、エロティック・グッズはカップルの新しいトレンド・ファッションである。ラブドールが数十万円で売られているなんて、信じられないという人も多いだろう。あるホワイトカラーの方が、ご自身のブログにこんなことを書いていた。このラブドールは7083個のハンバーガーを買うことができ、25個のiPhoneを買うことができ、私の32ヶ月分の給料であり、トリムカーの価格である……。そう、エログッズは贅沢品なのだ。


中国の故事にあるように、セックスをしたいという欲求は贅沢なのだ。人々は、いつものように水を飲むために喉が渇いて食べるために空腹と同じように、性的なツールを必要とします。近年、人々の心が徐々に開放され、性具を使用する過程で、人々はリラックスと喜びの感覚を体験するだけでなく、ゆっくりとエロティックな商品産業に対する人々の見方を逆転させる。2016年4月15日、上海国際成人展、いくつかのメーカーは、ユーザーの経験の感情を変更するには、インテリジェントなデバイスを介して、無線LAN、Bluetoothおよび他のハイテク機能と組み合わせることにより、エロティックなグッズとなる。この変化は、ハイエンドの開発に向けてアダルト業界をプッシュしています。
米国のFun Fun Mallの運営会社の分析によると、将来的には、女性が消費の主役になる可能性があります。女性が高級品を好むことはよく知られていることで、女性用エログッズの市場を獲得するためには、女性用エログッズも高級感のあるデザインにする必要がありそうです。高級感のある女性用エログッズとは、どのようなコンセプトなのでしょうか?例えば、スウェーデンのメーカー「LELO」が高級志向で特別にデザインしたバイブレーターは、18金のハンドメイドで、価格は1万円以上。イギリスのデザイナー、Shiri Zinnは、底面にスワロフスキーのクリスタルを円状にはめ込んだMinxシリーズをデザインしています。スパイスガールのエマ、モデルのケイト・モス、ニューヨークのソーシャライト、イヴァンカ・トランプなどがブードゥアーのコレクションとして手にしたといわれている。
今回の調査では、26歳から35歳の女性が初めて性具を使う確率が51%と高く、中でも高学歴の人が性具の主な消費者で、性具を使う人の84%が学士以上の学歴を持っていることがわかりました。また、学士以上の人のうち、修士号を持っている人は40%となっています。エログッズの購入は、高学歴、高収入、高職位に属する人の三高であることがわかる。
調査データによると、人々の性玩具に対する受容度は高まっており、多くのカップルや夫婦がラブドール、バイブレーターなどの性玩具を購入し、夫婦生活の関心を高めている。「上海のカップルの約50%がアダルトグッズを試したことがある、それらの約半分が不快感を感じていた、少数の人々は、使いすぎ、不適切な使用、製品の品質やその他の大きな問題の結果として負傷した、”海軍家族計画と教育センターの責任者李健は、カップルの生活の中でアダルトグッズは試して不可能ではないことを言った、資格と正規品の選択は損傷を防ぐために必要条件である。より安心して使うために、多くのユーザーはより高いお金をかけて、視認性の高い高級な製品を購入することを望んでいる。
“エログッズこの業界かどうか、それを行うには、より多くの購入をもたらすためにクラス、高級品で行う必要があり、この業界で目立つように贅沢としてエログッズ。”
性玩具の市場が高級化の方向で発展していることは間違いない。将来への道では、エロティックな製品のデザインと機能の外観は、より多くのハイエンドの開発だけでなく、研究開発の焦点として、ユーザーの経験感を結合する必要があり、結局のところ、人間味のある製品の経験が最終的に求められるだろう。

ラブドール 開封Categoriesその他

ラブドールに関する知識

ただ、この1、2年で業界がどのように変化したかをお伝えしたいと思います。まず、ラブドールの誕生秘話から。
ラブドールが最初に生まれたのは膨張式人形で、[最初の記録人形]は1865年、清朝の学者夏協が「中国と西洋の年代記」で初めてラブドールに言及し、外国人が作ったものは裸の女性、人道的に性交することができるようになりました。


1865年、清朝の学者が初めて膨張式人形を記録した
しかし、[最初の生産人形]は、第二次世界大戦中に、ヒトラーは、ドイツ兵と “非アーリア人の血 “の女性のセックスの占領を防ぐために、性病バラックの普及を防ぐために、SS司令官ヒムラー、密かにインフレータブル人形を開発命じた、つまり、膨張人形の最も元のバージョンであることです。ヒトラーは当時、[インフレータブルドール]に特定の条件を提示し、彼女は白い肌、ブロンドの髪、青いメガネ、176の身長、脂肪の唇と豊かな胸など、すべての素晴らしい女性の持っている必要があります。しかし不幸にも、1945年2月13日の夜、ドイツ東部の都市ドレスデンが突然未曾有の爆撃を受け、[大工場のインフレータブルドール]の生産は免れず、計画は保留され、その後[ベトナム戦争中のアメリカ]はアメリカGIにインフレータブルドールを提供する計画を正確に再現し、満場一致の賞賛を受けて、戦争の派生物としてインフレータブルドールは生まれました、それは単純で残酷です![インフレータブルドールは]1945年2月13日の夜、ドレスデンは未曾有の爆撃を受けて、その生産は免れなくなったので、計画は保留にされた。
20世紀半ばまで、日本は南極に最初の研究者たちを送り込んでいた。長期間の禁欲による探検隊の健康への影響を心配した心ある政府は、公費で高品質のセックス・インフレータブル・ドールを開発し、「南極1号」と名付けた(心憎いネーミングである)。1970年になると、典型的なインフレータブルラブドールが日本に初めて登場し、この時のインフレータブルドールは、携帯性にしろ触感にしろ、男性に「ついに長い禁欲の時代が来たか」と感じさせたものである。
90年代初頭、人々は、タッチがまだ少し難しいですが、実際の人々の皮膚に近い “彼ら “の質感が、これはオタクの愛を停止しないように、インフレータブル人形を作るために高度な医療無毒ソフトシリコーンやPVC材料を使用するようになった。同じ期間中に半エンティティ骨格セックス人形を製造しようとするメーカーもあります(顔、胸、手と足、固体シリコーン、インフレータブル人形の残りのための下半身を指します)、しかしその期間の技術および材料の問題のために、製品の効果は理想的ではありません。21世紀の後まで、医療材料のアップグレードと市場空間の上昇のおかげで、インフレータブル人形はついに本物の人に限りなく近い時代を迎えました。リアルドールが誕生したのである。開発を通じて、実際には、海外はまだ人形の主な方向であることを見つけるのは難しいことではありません、国内はここ2年間だけ加熱し始め、お粥の鍋、昨年の発生、昨年の規制の終わり、そして今年のぬるま湯、実際には、国内市場は、それが工場であるかどうか、ディーラーエージェント、または小売ポート、落ち着いて考える必要があります。
工場は、外国貿易指向の大部分は、国内のいくつかの国内貿易指向の工場は、すべての後に、所持は大家族の餌をサポートするのに十分とは程遠いです。流通、エージェント側は、国内および外国貿易は、異なるターゲットです。これは、各家族の能力に依存し、小売業者は、我々は今のところ話をしないでしょう。これはまた、Xの位置の下に人形などの問題のすべての種類が発生した昨年のすべての種類の多くをもたらし、そのような人形の出荷速度などの違いに感じとして、ああ(ハイまたはロー)、詳細は深い分析ではありません。
それは、昨年末、業界団体の標準開発を持っているため、英雄のうち混沌とした世界と言われ、それは開発に参加する光栄ですが、また最後の週に政府部門が “エログッズ固体人形技術仕様 “成文化ユニットの証明書を発行してもらうことです。いいえルールは二乗することはできません、一度に国内市場の変動は、上流と下流の産業チェーンの程度を進めるだけでなく、技術革新をもたらすでしょう、常にすべての側面、提案、良い、悪い、業界の発展に役立つの意見に耳を傾ける。
消費者はまた、製品を選択するときに盲目的に間違っている必要はありません、自慢のすべての種類は、実際には、いくつかの比較よりも、それは良いに劣っているそれらの製品を見つけるのは難しいことではありません。今すぐどこでも市場では、軽量化、ねじれ、およびいくつかの機能のように、関数が良好ではないことを売り込んでいるが、ビューの個人的な観点から、我々はちょうどあなたがXラブドールとしてそれを取るように、主観的なニーズを持って任意の項目を購入し、実際には、いくつかの一見パワフルに見える。

ラブドール 長身Categoriesその他

一味違うドールを見に行こう

doruwaifuは、普通のセックスドールとは違う種類のドールを見つけました。彼女は動き、自分の考えと行動を持ち、遊び道具として男の股間に服従しない」!
彼女はlulu Hashimotoと呼ばれ、日本のファッションデザイナー小牧仁美によってデザインされた人形である。
見た目は人形だが、中身は大きな生きた人間だという。人形の仮面の中で、誰がルルを演じているかは、秘密にしておく必要がある。
人形の中の人間は、肉色のスキンスーツを着ており、指や手首、膝などの関節部分にも、人形の関節をエアブラシで丁寧に再現しています。


動きにも工夫が凝らされ、少し硬いポーズをとるなど、まるで本物の人形を思わせるような仕上がりです。
人形のマスクは誠の手によって作られ、メイクも誠が描き、服も誠の手によってデザインされています。
衣装やお祭り、メイクや髪型の違いによって、実は大きな人形を自作しているのです。
この人形は、ファッション・ラインを身にまとい、かわいいロリータ・ラインを見に行く。硬い人形の表情と繊細な仕草は、常に最も注目される。
人形を愛して育った小牧仁美の世界では、人形はかわいらしさを表現するアイテムだと感じている。
小牧さんは「フェチ扱いされることも多いのですが、私にとってはフェチではなく、ファッションなんです」と言う。可愛い服を着たり、つけまつげをして可愛くなるのと同じです。”
街を歩くと後ろ髪を引かれる思いのluluだが、そのキュートなルックスに、人々は思わず友達になりたくなる。しかし、多くの人々はまだ大きな生きている人間がこのような人形になることを理解することができません、それは最終的にどのような芸術の感覚を持つことができます。
彼女は群衆の中に混在していても、彼女はまだ目立つが、ルル自身のためのこれらの野次馬の目は、長い間それに慣れている、彼女はまた、歩く人形のように自分自身を扱うことができます。
ルルはアイドルでもあるので、ジャーナリストも何人か取材に来た。インタビュー中、ルルも話題の前では声を出さずに、司会者の耳元で答えを話す姿がとても神秘的で、ちょっと可愛らしい。傍目にはなかなか聞き取れない、素敵なアニメ声の持ち主なのかもしれない。
ルルちゃんの半目半目は、半分起きていて、半分夢を見ているような状態だそうだ。
ルルの夢と現実の中で、彼女を美しい芸術作品と思う人も、生きた人形として好奇心を持つ人も、ルルの内部には多くのファンがいる。
luluのような女の子になりたいと言うファンもいるくらいだ。
人形になりたいという人は国内外にいる。整形でもメイクでも、自分の外見を作りたい、ドールの外見はもう少し似ていてもいいということだ。普通の世界では、人形になることは現実的なことではありませんが。
でも、いつまでも繊細でいられること、こわばった表情で誤魔化せること、可愛いことで生きていけることは悪いことではありません。
いつも空っぽの状態で生きている、のんきな人形になって、必ずしも魂がある必要はないけれど、かわいいフリをして笑顔を絶やさないようにすればいい。
しかし、人形でなくとも、ほとんどの人はこんな生き方はしていない、ドライに徹底して生きるのは、人形にはかなわないのだ。
いつも他人を喜ばせるために自分を利用していると、その中で一番変な、ひどいやつになってしまうのです。