Categoriesフィール

ある日本男がシリコン製セックスドールに恋をしたとき

ラブドール 口内 射精

小澤雅之の結婚生活から輝きが失われたとき、彼はロマンチックな空白を埋めるために変わった出口を見つけた。それは彼が生涯の愛であると誓うシリコン製セックスドールである。
マユ ( Mayu ) と名付けられた等身大の人形は、東京で小澤正幸の妻と10代の娘とベッドを共にした。この取り決めは、微妙な休戦がようやく発表されるまで、怒号を巻き起こしたものだった。

45歳の理学療法士は、AFP通信のインタビューでこう語った。「妻が子供を産んだ後、私たちはセックスをしなくなり、私は深い孤独を感じました” と。.
小澤正幸氏は、人形にカツラやセクシーな服や宝石を着せて、車椅子でデートに連れて行きながら、顔を赤らめた。
「浅間を家に連れてきたとき、妻が激怒したんです。このごろは、もう我慢できないようです」。
私の娘は、それが巨大なバービー人形でないことに気づいたとき、パニックになり、気持ち悪いと言いました。小澤雅之は、萌えを失った日本でラバーラブに走る増えつつある日本男性の一人である。
彼はまた、恋愛から遠ざかっていることを認めている。
「日本の女性は冷淡で非情だ」と彼は言う。
「自分勝手なんです。男性は、仕事から帰ってきたら、愚痴を言わずに話を聞いてくれる人が欲しいのです。
「どんな問題でも、マユはいつも僕の味方だった。私は彼女のことが少しばかり好きで、ずっと一緒にいたいと思っています。
“一人の人間に戻るなんて考えられない。彼女と一緒に埋葬され、天国に連れて行きたい。”
業界関係者によると、日本では毎年約2000体の本物そっくりのセックスドールが販売されているという。6,000ドルで売られているこの人形は、調整可能な指、可動式の頭部と性器が付属している。
玩具メーカー、オリエント工業の土屋秀夫専務は、「1970年代のあの不愉快なインフレータブルから、技術は大きく進歩した」と語った。
と、玩具メーカー・オリエント工業の土屋秀夫社長は言う。「今では、見た目もリアルで、人間の肌に触れているような感覚になります。と、玩具メーカーのオリエント工業の土屋秀雄専務は言う。「人形とコミュニケーションが取れるということで、人形を買う男性が増えています。
日本の出生率の低下により、草食系と呼ばれる男性たちが、恋愛や伝統的な男性の価値観に背を向け、静かで競争力のない生活を送るようになってきている。静かで競争心のない人生。
兵庫良雄は軍事マニアで一人暮らしをしているが、理解のある彼女がいる。戦時中の妄想を表現するために、軍服を着た等身大のダミーを10体以上所有している。
しかし、彼は人形のセックスを減らしたと言う。
43歳のブロガーは、”今は感情的なレベルでのコミュニケーションに関心がある “と言う。彼の好奇心は、街角で焦げたマネキンを見つけたときに刺激された。
“みんな私が変だと思うかもしれませんが、スポーツカーを集めるのと変わりません。いくらしたのか知らないけど、ランボルギーニより安かったんだ」と言う。
研究者たちは、話し、笑い、オーガズムをシミュレートすることもできる次世代のセックスロボットを開発しているので、未来のドールユーザーはさらなる興奮を期待することができるだろう。