Categoriesその他

この問題で人形の模倣で人間は、停止していないと言うことができる…

ラブドール 仙人

以前、我々は本物のバービー整形手術の方向にハード、海外のいくつかの女の子について書かれているが、今日のこの問題の本当の人形の作成で、これの導入は、別の方法であると言うことができる……
この女の子は日本からの女の子で、彼女の名前はルルです、そして日本人はBJD人形、ほとんど同じ……をヒットさせる。
BJD人形は、ボールジョイント式の人形で、欧米で生まれ、その後、日本や韓国などアジア各国で普及した。


BJDドールは非常に繊細な特徴を持っており、体の関節は球状であるため、より柔軟に動くことができます。バービー人形とは異なり、これらの球状関節人形はより二次的な体の割合を持っており、一般的に大きな頭を持っています……。
1998年にボークスという日本の会社がSDドールという球体関節人形を発売したため、この種のセックスドールはたちまち世界中で人気を博した。
しかし、世界中のコスプレイヤーは、ルルのように、本物の人形を歩かせることはできないので、ルルの復元度は、100%と言えます。
Luluは多くのコスプレ展示会やイベントに参加していますが、基本的に誰もがこのレベルのコスプレができることに驚きます・・・すごいとしか言いようがありません・・・・・。
この表情、このメイクを感じてください……。
これが本物の人間だと言わなければ、写真を見て人形だと言えば、誰も疑わないでしょう!
でも、本当に本物の人間なんですよ、動くのは……みんな、目に……。
本物のファンとは、突然次元を超えたような感覚になります・・・・・・。
動くと、まるでアニメを見ているような……リアルな感覚は、ちょっと信じられない……。
Luluの登場は、コスサークルやインターネット上で活発な議論を巻き起こし、誰もが「このレベルのコスは喚起ではなく、まさに神だ!」と感じているようです。
東京からやってきたこの神コスプレイヤーを、多くの雑誌やテレビが「実物はどんな感じなのか」「どうやったらこんな似顔絵ができるのか!」と報道している。
普段のルルを街中で撮影した小さな動画は、東京原宿の雑踏の中を歩いていると、かなりの高還元率といえる・・・・・・。
通行人は皆、幽霊を見たような顔をしている・・・・・・。
多くの人が立ち止まって見ているのですが、ルルは見るのが恥ずかしくて、恥ずかしそうにそっぽを向いています………。
実は、この事件自体もかなり異様なものなのだ・・・。ルル自体が実は仮面なので、この仮面さえあれば、カツラをかぶって、メイド服を着て、あなたも神コスプレイヤーになれるのです……。
このマスクの作者は、ファッションデザイナーの小牧仁美さん、23歳、東京都出身、子供の頃から大の人形好き。
たくさんのドールを集め、BJDドールも自分で作るのが好きで、ドール収集歴は9年になるそうです。
コスプレ文化にも興味があるひとみさんですが、本物のドール用のルルマスクを作ろうと思ったのは、「ぬこぱん」というチームから着想を得ました。
このクリエイティブチームは、等身大のドールヘッドの造形物や模型を数多く制作しており、その作品を見て、ひとみさんはルルマスクを作るインスピレーションを得たそうです。
そして、「ぬこぱん」チームに「一緒にやりたい」と手紙を出し、自分のアイデアを説明したところ、すぐに意気投合し、見事な「ルルマスク」が完成したのです……。
ルルのマスクだけでなく、体の関節もすべてBJDドールと同じボール状の機構で作られており、すべて上野耕というデザイナーが手がけたものです。
このリアルな関節の陰影をストッキングの素材にスプレーで描き、コスプレイヤーがこのストッキングと手袋を着用すると、あたかも球体の関節があるかのように見えるのです。
このリアルドールの再現度は基本的に100%に達するのだが……。
街で見かけたら、美しいと思うか、不気味だと思うか……。