Categoriesガイダンス その他 ニュース

エロティックな業界を味わうために日本に来てください

巨乳 ベビー ドール

日本の秋葉原には、世界で最も多様なエロティックショップが集まっている。 二次的なイメージから触覚的な体験、五感に働きかける官能的な空間まで、日本はおそらく世界で最もまばゆい官能王国なのだ。 エロ産業が盛んになるためには、市場と需要が必要であり、その点で、日本の首都である東京は、エロショップが集中していると言ってよいだろう。 秋葉原エリアには、世界で最もバラエティに富んだエロティックショップが集積しており、誰もが持つ私的な欲望を満たし、性生活に喜びを与えてくれるだけでなく、時には人間の欲望の深層を探る絶好の窓口にさえなっているのです。 一部の関係者によると、これらの大型エロティックショップには1万2000種類もの商品があり、消費者ができるだけ恥ずかしくないように、店員は商品の配置や陳列に工夫を凝らしている。 店内の撮影可能な場所の中には、クリスタル製のシャンデリアや白と黒の高級感のある棚が特設されていて、エロティックショップであることを全く感じさせなくしているところもあるという。 実際、エロショップは日本の観光産業の活性化にも貢献しており、日本の名所の緊縛をテーマにしたペンダントなど、セックスではなくエロに関連した商品を販売しているところもある。
半分セックスミュージアムと言われる「Love Merci」には、多くの人が訪れます。 あるユーザーは、この店が「人々のセックスや恋愛に関する想像力を広げてくれる」、「想像しうるあらゆる種類の商品がある」と語っています。 店内にある人工物の中には、何度も触っているうちに表面に黒いシミができてしまったものもあり、店主は仕方なく、本物の人間の手触りに似たその物を白い布で覆って、来客や消費者が触れないようにしている。
また、エロティックショップの隣にある居酒屋の中には、人気AV女優がホストを務めることもあり、メイド喫茶の大人版ともいえる店もある。
日本のラブホテルは、人間の興味を喚起するのに役立っている。 江戸時代、日本には世界で初めて「エロティック茶屋」「川船」と呼ばれるラブホテルがあった。 これらの名前は文学的に見えるかもしれないが、実際にはカップルや売春婦のための「セックスルーム」であった。
第二次世界大戦前夜、「まどか」と呼ばれるタイプのホステルが全国的に流行し、世界で初めて「時間貸し」の制度が導入され、宿泊が義務づけられている一般のホテルとは対照的に、「まどか」は 一泊2円、一休1円という料金設定は、当時マスコミの注目を集め、部屋を借りる、あるいは泊まる場所が決まっていない若者たちが、遊びの場として選ぶようになったのである。

戦争が終わる頃には、東京の経済は徐々に回復の兆しを見せ始め、労働力の流入は経済成長だけでなく、日本のラブホテル産業の発展ももたらした。 多くのホテルも少しでも多くの利益を上げるために、上記の時間貸しという概念を導入し、回転率の高いこのビジネスを利用して、この時期に多くの利益を上げたのです。 大人のディズニー」と呼ばれた石神井は、1965年からラブホテルのデザインを始め、1965年には1,638室以上のラブホテルを手がけ、多くのメディアから「ラブホテルの父」と呼ばれるようになった。 多くのメディアから「エロティックホテルの父」と称される。 石神井は、多くの人が思っているほどエロくはなく、オフィスはとても地味な内装で、彼が好んで着ている赤と白のチェックのシャツは、春のピクニックに来た素朴なおじさんのような感じである。
報道陣の独占インタビューに応じた闇石は、エロティックホテルのデザインのきっかけは、ある人がホテルを開発するために土地を購入し、たまたまそのデザインを手伝ってほしいと頼まれたが、平凡なデザインは嫌だと思ったからだという。 彼は、カップル向けの時間貸しホテルや短期滞在型ホテルの多くが、和風のローテーブルが置かれた空き部屋で、顧客体験が少ないことを観察し、よりモダンなホテルデザインのコンセプトをこれらの部屋に組み合わせることを試み、「ラブホテル」「ラブホ」のコンセプトを作り上げた。 ラブホテル」。
一般人にとって最も基本的なものは「衣食住と移動」ですが、石神井は「性」にも名前が必要だと考えており、次のように公言しています。 それは必要なことであり、軽んじてはいけないことです。 一晩中起きていて、ひたすらセックスに集中できるようなエロティックな部屋が一番デザインされていると思うんです。 だから、最初からディズニーのファンタジーのような、大人のためのテーマパークをつくりたいと思っていました」。1970年には大阪万博が成功し、多くの国で日本への旅行が盛んになった。 この波を受けて、アミの新しい「ベーシック」エロティックホテルは、これまで外国人が体験したことのないタイプのホテルルームとして注目を集めたが、日本の人々、特にカップルや夫婦にとって、普通の家の空間は手狭で、布団を寝室にしたリビングルームのプライバシーは 日本の人々、特にカップルや夫婦にとって、普通の家の空間は手狭で、布団を寝室にしたリビングルームのプライバシーは、セックスタイムを楽しむにはあまりにも貧弱なので、このような、ちょっとした遊び心があって、値段も高くないエロティックホテルが、亜美イシンさんの言う「第2の家」として少しずつ浸透してきているのだと思います。
日本のエロティックホテルでは、スタッフが客の目の届くところにいることはほとんどなく、チェックインもインテリジェントなシステムを使って自分で行い、支払いも直接デスクにお金を投げることができるホテルもある。 また、客室ではインスタント映画や無料映画を選んで楽しむことができ、ホテルが提供する自動販売機では避妊具やコスプレ衣装などを一時的に探すことができ、非常に気が利いています。 部屋のタイプは、前述のテーマに加え、入院病棟や狭い倉庫、さらには工事現場のようなリアルなシーンも用意されています。 また、スポーツやエンターテインメントの要素が強い「HOTEL Charlemagne」というホテルでは、ゴルフコース、回転木馬、鏡の部屋、プールなど、テーマ別の部屋を用意しています。つまり、どんなシナリオでセックスすることを妄想しても、その舞台が見つかるのです。 しかし、一つ問題があるとすれば、これらのエロティックホテルは、男性の性的ファンタジーに寄り添いすぎているということだ。 作家の桐野夏生さんは、こうしたホテルやエロ玩具が男性の欲望の発散に重点を置き、人々が親密さを求める場所から、セックスや愛を軽んじる低俗な空間に変えてしまうとして、「このエロホテルを少し知れば、笑顔の表情も徐々に失われるかもしれない」と懸念を表明し、記事を執筆しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。