Categories日常生活

妻の留守中にダッチワイフに恋をした男性

ラブドール 代理 店

イギリスのラジオ4のドキュメンタリー番組「セックスロボットがやってくるとき」(The Sex Robots Are Coming)で、ある夫婦の微妙な状況が映し出されている。ジョージア州のエンジニアであるジェームズは、妻の短い不在の間にいくつものダッチワイフを購入し、アポロ(APRIL)というおもちゃに最も惚れ込んでいたが、人形と妻のどちらを選ぶかと問われると、「正直、わからない」と難しい表情を浮かべたという。
The Sun紙によると、妻のティネ(Tine)さんは病気の母親の世話で約9カ月間家を空けており、帰宅するとさらに数体のダッチワイフが家にあったそうです。ジェームズは妻の前で「アポロ」を完璧な少女と表現し、ベッドに連れていくこともあった。そのうち、人形への思いが募っていった。「ほとんどのオーナーは、それが単なるセックス・トイだとわかっていても、次第に人形に愛着が湧いてくるものなんだ。
番組スタッフは、タインに “ご主人が完璧な女の子と表現するのを聞いて、大変だと思いますか?”と質問しました。これに対し、妻は「私は平気よ」と言いながらも、恥ずかしそうに数秒間黙ってから答えていた。最初は人形を見たときにとてもショックを受けたが、今はもう慣れた、「本当に不倫をしたいなら、本物の人間を探せばいいのに、そうしなかった、今でも彼は私にとても正直だ」と、今でもジェームスを良い夫だと信じていることを述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です