Categoriesその他 ニュース フィール 日常生活

ラブドールにまつわる10のクレイジーな物語

台湾 ラブドール

ラブドールは人々の生活の中に頻繁に登場するようになりましたが、多くのユーザーが知らないであろうラブドールに関するクレイジーな話がたくさんあり、ここでは著者がそれをお伝えします。
1.ラブドールの所有者の多くは、ラブドールを自分の娯楽目的のためのおもちゃとして使用しますが、一部の人々は、これらの人形を実際の仲間として見ています。 極端な例では、ミシガン州のデイブキャットが、愛情を込めてシドーと名付けたラブドールと結婚しただけでなく。 SidoreはAbyss Creations社製で、約6,000ドルで販売されました。 ペアの結婚指輪をお持ちで、結婚15周年のセレモニーを控えていらっしゃいます。
2.日本のラブドール業界では、ラブドールを「ダッチワイフ」というユニークな名称で呼んでいます。 歴史的には、17世紀から8世紀にかけて、オランダの船乗りが航海中に布製で織ったこの初代人形に由来する。 フランス語では「dame de voyage」、スペイン語では「dama de viaje」と呼ばれ、おおよそ「旅の女」と訳されている。 “. 彼らはこの人形を日本の港で売り、今日までオランダからのラブドールの歴史は日本に残っている。

リアル ドール 画像

3.今日、バービーはほとんどの幼少期の家庭の仲間です。 子供にも優しいし、むしろ大人から出発している。 バービーはラブドールがベースになっています。 1950年代に、ビルドリリという小さな人形がありました。これは、特に人気のある魅力的なドイツ人女優をモデルにしたドイツ人形です。 当時、このような人形が人気を博していたのです。 これに目を付けたアメリカの玩具メーカーは、より子供向きの人形を作り出した。
4.ラブドールはとてもリアルになります。 手足の動きや操作性、眉毛の細部に至るまで、工場での丁寧な作業により、まるで本物の人間のようなラブドールを作ることができるのです。 しかし、その重ささえもリアルにできることをご存知でしょうか。 ラブドールは15kgから45kgと重量があります。
5.多くのラブドールメーカーが男性用ラブドールも出しています。 しかし、平均すると売上全体の10%程度に過ぎません。 男性用ラブドールの品揃えはかなり少なく、カスタマイズ性もかなり低い。
6.ドール業界や文化に対する愛情から、自らを「ドール・ラヴァーズ」と呼ぶことが多い。 このコミュニティは、ラブドールへの愛情を中心に展開されており、ラブドールを仲間として捉えている方も多くいらっしゃいます。 そのような人たちの多くは、人と関わることが難しすぎるため、ラブドールに頼ることになるのです。 多くの人は、人形は普通の人のように嘘をついたり、騙したり、批判したりすることはないと言うだろう。
7.ある装置の発明者であるSteven Shubinは、早くも1995年からラブドールのデザインに携わっている。 その創造性と技術力から、彼は以前、マネキンの特許を取得していた。 その後、1996年に「ボビーライト」という装置の特許を取得した。
8.ハワード・スターンといえば、番組での下品なおふざけが有名ですが、彼の人気の最大の理由を知っていましたか? 自分の人形を所有し、スタントや宣伝で映画やテレビで有名にしたと言われています。 この人形を製造している会社では、現在、年間300体以上を1体40万円以上で販売している。
9.老舗のオフライン業界もラブドール人気の高まりに注目し始めている。 これまでにも、オンライン体験ショップは続々とオープンしています。 さらに、日本人はラブドールで創造性を発揮するのが好きですが、それだけではありません。 韓国の女優ペ・ドゥナをモデルにしたシリコン製のラブドールを主人公にした純愛映画『空気人形』もある。
10.ラブドールは実在の人物に似ているほど、不気味で嫌悪感を抱かせる。 1970年、森正洋という日本のロボット工学者が、リアルなロボットが実際の人間の顔に近ければ近いほど、人の心をかき乱すという現象(「恐怖の谷効果」と呼ばれる)を記録している。